×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

http://peacesells.gozaru.jp/

Battle Priest : INT殴りプリの紹介

目次



はじめに

鈍器修練0だろうが、低STRだろうが、いいんですよ。
殴りたいって気持ちがあれば、殴りプリです!」


ここではINT殴りプリという比較的めずらしいタイプのプリーストについて書いてみたいと思います。

中にはこういう変わったプリもいるんですよ、という紹介のつもりです。


考察は、あくまで管理人の知識とマイキャラの経験をもとにした私見です。
何かを決め付けたり、他人に何かを押し付けたりするものでは絶対ありません。

気になる表現がありましたら、WEB拍手にてメッセージお願いします


管理人の持ちキャラは、TUサンク型フラットタイプと、SWサンク型INT>STR=AGI=DEXタイプです。
それ以外のタイプについても若干ふれていますが、信憑性は薄いので参考にする場合は注意してください。


この考察は、INT殴りプリを強制するものでもありません。
これからINT殴りプリを目指す人の参考になれば、幸いです。(*- -)(*_ _)ペコリ


※まだ完成していません!ごめんなさい!
まだ考察中の文章なので、内容、構成が予告なしにガラっと変わることがあります。
書きかけの部分が多くて申し訳ありません。


WEB拍手などにご意見ご感想、大歓迎ですよ!ヽ(`Д´)ノ
略語などがわからない場合は、WEB拍手で質問してください。

ステータス、スキルの相談も大歓迎です。
掲示板やメールで質問してください



(2005/1/25更新)


最初の目次へ

INT殴りプリについての考察

INT殴り型プリーストのステータス、スキル、狩場、育成、などについて考察しています。

殴りプリとは?

本来仲間を支援するための力(スキル)を持った職業であるプリースト。
しかし、一番伸ばすべきステータスであるINT値にポイントを振る代わりにSTRやAGIなどのINT以外のステを伸ばし、ほかの戦闘職のようにソロで敵を倒すプレイスタイルをめざしたタイプ
基本的には、支援職である「プリースト」を敢えて戦闘型に育てる、ある意味マニアックなタイプです。
(最近は強化パッチばかりで、そんなにマゾなわけでも珍種なわけでもありませんが。比較的珍しいタイプです)

聖職者でありながら武器を持ち、モンスターに真っ向から挑む。
支援プリとおなじ職業でありながら、まったく別のコンセプトをもつ戦闘型プリースト。
それが、殴りプリであります。

また、その攻撃方法は主に武器による殴打であり、威力がINT依存であるヒール砲やHLは補助的に使用するにすぎません。



ざっと概要だけ書きましたが、経験がないのに一般的な殴りプリについての考察を書いてもしょうがないので、詳しくは他のサイトさんに任せたいと思います。

殴りプリリンク


(2005/1/13更新)


最初の目次へ

INT殴りプリとは?

もともとINT型だった支援プリがSTRなどの戦闘ステをのばしたタイプ。(管理人はこのタイプ)
または、一般的な殴りプリがINTにポイントをほとんど振らないのに対して
あえてINTを高めて、INT依存のスキルをより使いこなせるようになったタイプ
をINT殴りプリといいます。

前半のタイプがほとんどだが、最近では後半のタイプも増えてきている。
INT型殴りプリ、または支援殴りプリ(殴り支援プリ)ともいう。

支援プリは高INT型(素INT81付近〜99)、殴りプリは低INT型(素INT1、もしくはほんの少し)であるのに対し、INT殴りプリはINTだけで決まるわけでも無い。
まぁ、あえていうなら、素INT40付近〜99ではないでしょうか。(INTがそれ以下の場合は、普通の殴りプリもしくはバランス殴りプリと呼ばれる)

殴りプリであるので、主な攻撃方法は武器によっての殴打である。
しかしINTが高いため、その豊潤なSPを利用して、マグナムブレイク(MB)やインベナムなどの スキル攻撃を多用する。
状況によってはヒール砲、HLも多用することができる。

INT殴りやVIT殴りなどのバランスタイプは、後半にならないと強さを発揮しにくい大器晩成型です。
(管理人はLv90台になって、やっと強くなった感じ、楽しくなってきました。)  Lv80くらいまでは殴りプリ(支援プリ)としては不完全なので、支援プリ(殴りプリ)として地道に稼いでください。
Lv80をこえれば、そのうちピラ地上4Fや時計地下B4Fにいけるようになるとおもいます


(2005/6/9更新)



最初の目次へ

当サイトにリンクしてくださる場合は、リンクについてをごらんください。

左にメニューがない場合は ここをクリックしてください。